演劇創作を通して、多文化共生を目指す日々を綴ります。


by sin-titulo

防災ワークショップ再開

7月末に多文化共生プロジェクト公演を終え、しばらく休憩していましたが、8月27日から演劇による防災ワークショップ・ファシリテイター養成コースを再開します。

外国人を外国人住民のためのワークショップ・リーダーに養成しようとするこの企画、11月には長野県飯田市で開催される「外国人集住都市会議」の研修で披露することが決定しました!

また、滋賀県の「多文化共生マネージャー全国協議会」でもデモンストレーションが出来そうです。まだ開始したばかりですが、いろんな方々が関心を持っていてくださるので嬉しいです。
受講者には頑張っていいワークショップ・リーダーに育ってもらわなきゃ!
[PR]
# by sin-titulo | 2011-08-17 17:32 | ワークショップ

無事終了しました

多文化共生プロジェクト『最後の写真』は、二公演ともほぼ満席となり、盛況のうちに終了することが出来ました。東京や東北からお越しいただいた方もいて、本当にありがとうございました!!

手前味噌かもしれませんが、4年間継続する中で、参加者は本当に成長したと思います。
参加者が自身の人生を語る「ドキュメンタリー」も好評でしたが、演技の上手さも多くの方からお褒めいただきました。
可児市文化創造センター館長の衛紀生氏も、また普段は叱ってばかりの演出家の田室も、この日は参加者を絶賛!本当にみんなよく頑張りました。

そして、影ながら忍耐強く支えてくれたスタッフやサポーターたち。4年間の着実な歩みが舞台の成果に出ていたと思いました。
[PR]
# by sin-titulo | 2011-08-17 17:20 | 多文化共生プロジェクト
多文化共生プロジェクト2011は盛り沢山です。
公演とシンポジウム、さらに演劇による防災ワークショップを披露します。

b0225987_15593384.jpg

公演「最後の写真」では、参加者がそれぞれの人生で、最後に残したい写真について語ります。

シンポジウムは、多文化共生に向けて芸術文化が果たす役割を、専門家をお招きしてディスカッションします。

また、防災ワークショップでは多文化共生プロジェクトらしく、外国人がファシリテイターとして活躍します!
6ヶ月かけてプロのファシリテイターとして養成し、やがて地域の外国人のために活躍する予定です。ご期待下さい!
[PR]
# by sin-titulo | 2011-07-05 00:30 | 多文化共生プロジェクト